イベント
「Infinity Ventures Summit」にて知財に関するセッションを開催しました!

    

国内最大級のベンチャーカンファレンス「Infinity Ventures Summit(IVS)」で、知財セッションを開催した。
2018年12月19日(水) 11:15~12:15「会社に眠る知的財産を覚醒せよ!」

 
<モデレーター>
千葉功太郎(ちば こうたろう)/General Partner/Drone Fund
<パネリスト>
中畑稔(なかはた みのる)/代表取締役/株式会社DRONE iPLAB
田路圭輔(とうじ けいすけ)/代表取締役/株式会社エアロネクスト
溝口勇児(みぞぐち ゆうじ)代表取締役/株式会社FiNC Technologies
宗像直子(むなかた なおこ)/特許庁長官

まずは、いまやメガベンチャーに成長したFiNC Technologiesの溝口氏と、今回のIVS LaunchPadでも見事優勝し、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのエアロネクストのCEOの田路氏が、事業戦略において知財をどう認識し、実際の行動に移しているのかを語った。また、エアロネクストのCIPO(chief IP officer)でもある中畑氏が、スタートアップがCIPOを置くことの重要性について説いた。

宗像長官からは、特許庁が用意している支援施策を紹介するとともに、スタートアップにさらに寄り添った支援ができるよう、特許庁自身もデザイン思考を取り入れるなど、生まれ変わりつつあることをアピールした。