イベント
つくばスタートアップパークで「テック系ベンチャーが創業期に知っておくべき落とし穴~知財契約を中心に~」を開催しました!

1.JPG

2020年1月31日、特許庁はASCII STARTUPの協力のもと、テック系ベンチャーのための知財戦略・知財契約をテーマにした勉強会イベント「テック系ベンチャーが創業期に知っておくべき落とし穴~知財契約を中心に~」をつくばスタートアップパークにて開催した。イベントでは、特許庁の進士千尋氏による知財戦略に関するセミナーと、高田龍弥氏によるNDAの結び方セミナーとワークショップが実施された。

2.JPG

セミナー「テック系ベンチャーが陥りがちな知財の落とし穴」では、特許庁の進士千尋氏がスタートアップにとっての知的財産の重要性を講義した。特許を取得していなかったことによる失敗事例を紹介し、テック系ベンチャーがケアすべきこととして、事業のコアとなるアイデアや技術を守る、他人の権利を侵害しない、の2点について対策を説明した。

3.JPG

続いて、特許庁総務部総務課の高田龍弥氏よるセミナー「失敗しないNDAの結び方」では、NDAで失敗しないためのチェックポイントについて講義した。

4.JPG

NDAレビューにおけるチェックポイントとして、以下の8つを紹介。

1 契約の目的
 2 秘密情報の範囲
 3 目的外使用の禁止
 4 第三者への開示の禁止
 5 第三者に開示する場合に負う責任
 6 秘密情報の変換・破棄
 7 損害賠償
 8 秘密保持義務の期間

セミナーの後半は、参加者が3つのグループに分かれて約30分のワークショップを実施。

5.JPG

大学発で新素材を開発するベンチャーと、新素材で新製品開発を狙う大手企業の共同研究に関する「秘密保持契約書」を用いて、各チームでベンチャー側の視点で契約内容をチェックし、気になる箇所を発表した。

6.JPG