イベント
第1回IP BASE AWARD授賞式を開催しました! 「IPナレッジカンファレンス for Startup 2020 スタートアップ・エコシステムの発展に向けて」

2020年3月19日、特許庁はスタートアップと知財のベストプレイヤーを表彰する「IP BASE AWARD」の授賞式とセッション「IPナレッジカンファレンス for Startup 2020 スタートアップ・エコシステムの発展に向けて」を東京・赤坂インターシティコンファレンスにて開催した(「JAPAN INNOVATION DAY 2019 by ASCII STARTUP」と同時開催)。

前半はIP BASE AWARDの授賞式、後半はIP BASE AWARD選考委員と受賞者によるセッションが実施された。

「IP BASE AWARD」は、スタートアップ部門、知財専門家部門、エコシステム部門の各部門において、知財全般の取り組みついて意欲・先進性・注目度などの観点から、めざましい取り組みをした個人・組織を表彰するもの。特許庁の知財コミュニティポータルサイト「IP BASE」内のアンケートでアワーズ候補者を募集、IP BASEの選考会にて、エコシステム部門、スタートアップ部門、エコシステム部門の3部門を決定し、今回が授賞式となる。


2003_0102.jpg

開会の挨拶には、課長の特許庁企画調査課長 小松竜一氏が登壇。続いて第1部では、特許庁企画調査課 スタートアップ支援チーム菊地 陽一氏が特許庁のスタートアップ支援の取り組みの紹介と「IP BASE AWARD」の概要を説明した。


2003_03.jpg 2003_04.jpg

第2部の受賞式では、各部門について奨励賞とグランプリの受賞者を表彰。

「エコシステム部門」は、奨励賞に宇宙人クラブ、株式会社IP Bridgeが受賞。グランプリは、マスターマインドビジネスコミュニティ(主宰・土橋 幸司氏)が選ばれた。

「スタートアップ部門」では、奨励賞に株式会社ビードットメディカル、株式会社カウリスの2社、グランプリは株式会社エクサウィザーズが受賞。

「知財専門家部門」は、奨励賞に中村合同特許法律事務所 山本 飛翔氏、特許業務法人IPX 代表弁理士CEO 押谷 昌宗氏の2名、グランプリは六本木通り特許事務所の大谷 寛氏が受賞した。

各受賞者には、弁護士法人内田・鮫島法律事務所 パートナー弁理士の鮫島 正洋氏より表彰状が贈呈された。


2003_05.jpg

第3部は、「スタートアップに必要な知財戦略とは」をテーマにパネルディスカッションを実施。選考委員代表としてIPTech特許業務法人 代表弁理士・公認会計士の安高 史朗氏とFiNC Technologies 代表取締役CEOの南野 充則氏の2名、受賞者代表には、株式会社エクサウィザーズ 取締役 坂根 裕氏、六本木通り特許事務所 弁理士 大谷 寛氏の2名が登壇し、「知財に取り組み始めた目的・きっかけ」、「継続的な活動をするために」の2つのトピックについて議論した。


2003_06.jpg

第4部のパネルディスカッションは「スタートアップ・エコシステムの発展に向けて」がテーマ。弁護士法人 内田・鮫島法律事務所 パートナー 弁理士の鮫島 正洋氏がモデレーターを務め、Drone Fund 共同創業者/代表パートナー、(株)クリエイティブホープ 代表取締役会長の大前 創希氏、マスターマインドビジネスコミュニティ 土橋幸司氏、六本木通り特許事務所 大谷 寛氏が、スタートアップ・エコシステムにおける取り組みと今後の展望を語った。


2003_07.jpg

【関連サイト】

  • ・第1回「IP BASE AWARD」授賞式の詳細レポートはこちら