イベント
SHIBUYA QWSと共催「AI(人工知能)スタートアップに実体験で訊く“知財でしくじらない方法”」を開催しました!

特許庁は2020年11月30日、SHIBUYA QWSとの共催で、AI(人工知能)がテーマの知財イベント「AI(人工知能)スタートアップに実体験で訊く“知財でしくじらない方法”」をオンライン開催した。

01.jpg

本イベントでは、知財専門家やAIに関わるベンチャー企業、プロジェクト担当者を招いて、AIでプロジェクトを進めるにあたっての知財の重要性を探った。

登壇者は特許庁 ベンチャー支援班長の鎌田 哲生氏、イキリデータサイエンティストのマスク・ド・アナライズ氏、インハウスハブ東京法律事務所 マネージングパートナーで知財専門家の足立 昌聰氏。そして、株式会社アジラ 取締役CFOの皆川 芳輝氏、株式会社AVILEN 取締役 ブランド責任者の高橋 香輝氏、ライズバイ株式会社のビリー大崎氏ら、AIスタートアップのAIプロジェクト担当者が参加した。

02.jpg

特許庁 ベンチャー支援班長の鎌田 哲生氏

03.jpg

イキリデータサイエンティストのマスク・ド・アナライズ氏

04.jpg

インハウスハブ東京法律事務所 マネージングパートナー/知財専門家の足立 昌聰氏

各社の抱える知財の課題や乗り越えた経験、知財あるある話、失敗談などを展開。マスク・ド・アナライズ氏と足立 昌聰氏らとディスカッションを交えながら、AIビジネス、プロジェクトをうまく進める方法などを語りあった。

05.jpg

株式会社アジラ 取締役CFOの皆川 芳輝氏

06.jpg

ライズバイ株式会社のビリー大崎氏

07.jpg

株式会社AVILEN 取締役 ブランド責任者の高橋 香輝氏