Learn〜先輩事例を学びに〜

知財の基礎情報や、先輩起業家のインタビューを紹介します。

オープン・イノベーションのベストプラクティス

2.推進体制

ベンチャー企業との連携を促進するためには知財部のコミットが不可欠

◾️オープン・イノベーション部隊や事業部はノリ気なのに、知財・法務部がオープン・イノベーションを阻害するケース
☑︎知財・法務部が最終段階になって出てきてリスクをくまなく調査。
☑︎調査に数ヶ月を要してスピードダウン。
☑︎契約もリスクを避けるために自社だけに有利なものを提示。



◾️知財・法務部の協力がオープン・イノベーションを促進する鍵になる
☑︎なるべく早期の段階から協力。
☑︎事業部経験者など、ビジネス推進の重要性を深く理解する人材を配置。
☑︎スピードを重視し、リスクゼロを目指さない。
☑︎契約はベンチャー企業の事情を理解したWin-Winな内容。

契約を円滑に進めるためのポイント

☑︎簡易なNDA:NDA等を細かくしすぎずに一枚に収める。
☑︎契約条項の工夫1:中途解約条項を設定し、マイルストーン毎に状況を管理することで、リスク回避する。
☑︎契約条項の工夫2:提携ステップ毎に「都度協議」「合意形成の後に実施」等、コミュニケーションを取れるような条項を設定する。


2.推進体制