IP Specialist〜専門家の知見を共有〜

知財戦略⽀援から⾒えた スタートアップがつまずく14の課題とその対応策

1.IPASとは

1 ビジネスに応じた知財戦略の策定

 革新的な技術やアイデアを基に創業するスタートアップにおいては、その技術・アイデア自体が重要な財産であるため、権利化・ノウハウ化やライセンス取得等の方針、体制を整備する「知財戦略」の構築が重要です。
 しかしながら、創業期には、ビジネスの立ち上げに注力するあまり、知財戦略のノウハウや権利取得にかけるリソースが不足し、コアとなる技術やアイデアが十分に保護されていないことが課題となっています。
 IPASは、ビジネスと知財の専門家からなるメンタリングチームを創設し、スタートアップのビジネスに対応した適切なビジネスモデル及びシーズ戦略の診断、知財戦略の構築等の支援を行うプログラムです。



2 メンタリングチームの体制

 IPASのメンタリングチームは、ビジネス・知財のそれぞれの専門家から構成されます。創業期のスタートアップの場合、事業の絞り込みやビジネスモデルのブラッシュアップが必要となるケースが多いため、ビジネスと知財の両専門家がメンタリングすることによって、スタートアップの成長に結びつく知財戦略が構築できます。