IP Specialist〜専門家の知見を共有〜

IPASを通して見えた知財メンタリングの基礎

「IPASを通して見えた知財メンタリングの基礎」 の刊行にあたって

 2018年から開始した特許庁の知財アクセラレーションプログラム IP Acceleration program for Startups (IPAS)も3年目を無事終えることができました。
この間、IPASでは、40社の知財戦略構築を支援してきましたが、支援を通じて、研究開発型スタートアップの知財戦略構築について、様々な知見を蓄積するとともに、いくつか課題も見えてきました。  見えてきた大きな課題の一つに、“研究開発型スタートアップの知財活用に対して、十分に対応できるビジネス・知財専門家が不足している”という点があります。研究開発型スタートアップは、大企業とは異なり経営資源が限られていることが多く、より一層の外部支援を必要としているため、このような支援に対応できる人材の育成が望まれています。
 そこで、特許庁では、知財メンタリングにおけるビジネス・知財専門家の人材育成やすそ野拡大を目的として、本冊子を刊行することにしました。
本冊子は、これから知財メンタリングに携わりたいと思われているビジネス専門家や知財専門家の皆様向けに作成しています。これまでにIPASを通じて蓄積した知財メンタリングに係るノウハウや、IPASのメンタリングを担当いただいたメンターの皆様へのインタビュー等を基に、メンタリングの現場を疑似体験できるようなものをご提供したいという想いも込めて作成しました。
 本冊子が、皆様が知財メンタリングにご興味を持っていただくきっかけになるとともに、日頃の知財メンタリングの一助となれば幸いです。


2021年3月 特許庁

読者の皆様へ (IPAS2020に参加したメンターより)

ビジネスメンター(敬称略)
石元 良武 (DBJキャピタル株式会社)
IPASビジネスメンターの取組を通して、知財活動に対する感度を更に高める事が出来ました。

伊藤 陽介 (株式会社伊藤陽介事務所)
スタートアップの成長には、真にスタートアップの状況を理解し、寄り添ってくれるメンターが必要です。皆様がそんな存在になることを期待しています。

上田 嘉紀 (関西電力株式会社)
スタートアップ支援は、チームで戦う知的格闘技です。専門家の知恵と掛け合わせることで大きな力となります。

桂 淳 (株式会社メディカルインキュベータジャパン)
日本のベンチャーへの人材サポートは諸外国より劣っていると感じています。 是非IPASのメンターになっていただき日本のイノベーション促進に貢献して下さい!

本郷 有克 (株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ)
スタートアップとの対話を通じて、ご自身の経験値を上げることに是非活用いただくとともに、メンター同士の協議の中でも新たな見識を見出してみてください。

松本 雄大 (株式会社Tech CFO office)
経営者、知財専門家、ビジネス専門家が5か月間の議論をする貴重なプログラムを通じて是非スタートアップの皆様に成功いただければ幸いです。

知財メンター(敬称略)
伊藤 太一 (特許業務法人 ナカジマ知的財産綜合事務所)
IPASの支援体制のもと、意欲的なスタートアップとともに課題に向き合える絶好の機会ですので、是非エントリーしてください。

大石 幸雄 (TMI総合法律事務所)
基礎を押さえたら、後は実践あるのみです。 一緒に日本のスタートアップを盛り上げていきましょう!

大門 良仁 (メディップコンサルティング合同会社)
創薬系スタートアップは、やる気に溢れ、製薬会社でLCMやIP DDの経験のある方を熱望しています!

丹羽 匡孝 (シグマ国際特許事務所) 事例を読む際に、知財と経営との接点を探るアプローチに注目すると実践に役立つと思います。

森田 裕 (大野総合法律事務所)
知財専門家の力は新しいビジネス形成の場面で輝きます。 皆さんも是非この業界に飛び込んできてください。

吉村 岳雄 (株式会社IP Bridge)
メンタースキルはくぐった修羅場で磨かれます。 しんどい仕事こそ買って出て自信に変換していってください!
2020_ipbase_1.png 2020_ipbase_2.png