ニュース
【7/31 (金) 16:30~】「第3回 生産委託等で中国進出を考えるスタートアップ向け勉強会」を開催します!

特許庁は7月31日(金)、ASCII STARTUPの協力のもとお届けするセミナーイベント『第3回 生産委託等で中国進出を考えるスタートアップ向け勉強会』をオンラインで開催します。

こんな方にオススメ!!

・スタートアップ、中小企業

セミナー概要

 特許庁は7月31日(金)、ASCII STARTUPの協力のもと、セミナーイベント「生産委託等で中国進出を考えるスタートアップ向け勉強会」をオンラインで開催します。

 第3回目は講師として、独立行政法人 工業所有権情報・研修館(INPIT)の海外知的財産プロデューサーの鈴木 崇氏を迎え、「中国進出にあたってスタートアップ企業が留意すべき知的財産の課題」をテーマにオンライン勉強会を実施します。

「中国進出にあたってスタートアップ企業が留意すべき知的財産の課題」

 日本企業にとって、これまで中国は安価でスピーディーな製造拠点として重要でしたが、最近はハイテク分野におけるアメリカとの覇権争いに見られるように、高い技術力を持った企業も出てきています。また、世界第二位のGNPを誇る中国市場は事業拡大を狙う日本企業にとって極めて有望な市場であり続けることでしょう。一方、知的財産の分野においては、中国政府も種々の施策によって、先進国並みの知財インフラを目指してはいますが、実際に中国に進出をして、生産をする、販売をするとなるとまだまだ知財面では留意しておかないといけないことが多々あります。

 本勉強会では、知的財産についておさらいをした上で、ミドルからレイター・ステージのスタートアップ企業が遭遇するかもしれない知財の課題について、事例なども交えながら、わかりやすく解説をしていきます。中国進出にあたって、“転ばぬ先の杖”として、ご活用頂ければと存じます。

登壇者

鈴木 崇氏
独立行政法人工業所有権情報・研修館 海外知的財産プロデューサー

 国内電機メーカー製造業で40年弱勤務し、定年退職。入社以来、主として海外を中心とする知財の渉外案件に携わり、特許ライセンスに関する交渉・契約書作成、知財訴訟・和解、・M&A対応など、幅広い実務経験を積む。この間、米国のロー・スクール留学、ビジネススクールのエグゼクティブコース履修を経て、買収した事業のシリコンバレーの米国本社にて3年間、知財担当副社長を務める。

イベント概要

『生産委託等で中国進出を考えるスタートアップ向け勉強会』

 日時:2020年7月31日(金)
 配信受付:16時20分 開演:16時30分 終了予定:18時

視聴方法:
①セミナー当日はPeatixにログイン
②イベントのお申し込み後にアクセスできる「イベント視聴ページ」上の「イベントに参加」をクリック

入場料:無料
募集人数:最大30名
主催:特許庁
協力:ASCII STARTUP

登壇者:
・鈴木 崇氏(独立行政法人工業所有権情報・研修館 海外知的財産プロデューサー)

プログラム:
・講演:「中国進出にあたってスタートアップ企業が留意すべき知的財産の課題」
・質疑応答
※プログラム内容は予定です。都合により変更となる場合があります。

★★特許庁では今後も多数の勉強会やイベントを予定しております。
詳しくはIP BASEイベントカレンダーをご覧ください★★