ニュース
【10月2日(金)17:00~】「AIスタートアップを取り巻く知財・法務課題勉強会」を開催します!

 特許庁は10月2日(金)、ASCII STARTUPの協力のもとお届けするセミナーイベント『AIスタートアップを取り巻く知財・法務課題勉強会』をオンラインで開催します。

こんな方にオススメ!

・知財専門家 ・スタートアップ、中小企業

セミナー概要

 特許庁は10月2日(金)、ASCII STARTUPの協力のもとお届けするセミナーイベント『AIスタートアップを取り巻く知財・法務課題勉強会』をオンラインで開催します。

 講師にはマスク・ド・アナライズ氏、聞き手には株式会社エクサウィザーズ/法務部知財担当(弁理士)の梶 大樹氏をお迎えし、勉強会を実施いたします。

 起業ブームの昨今において、スタートアップは斬新なビジネスモデルや新たなテクノロジーを喧伝しながら、華々しい未来を掲げています。一方で、資金調達や技術開発に注力するあまり、法務が後回しになっているのが現状です。企業経営において、契約や特許にまつわる潜在的なトラブルは避けられません。しかし、リスクを見落として大きな過ちを犯し、後悔に苛まれてから法務の重要性を痛感する事例は後を絶ちません。

 また、スタートアップと協業する大手企業においても、事業のスピード感や成果物の所有権などを巡るトラブルを起こし、両者のギャップが浮き彫りとなります。企業だけでなく法律や特許に携わる弁護士と弁理士においても、「リーガルテック」と呼ばれる新たな技術による変革は避けられない状況です。いまや立場を問わず、ビジネスにおける強みを活かす攻めの法務と、様々なリスクを回避する守りの法務が求められる時代となりました。

 本講座では登壇者のAI関連企業の勤務経験や関係各社への取材から、スタートアップを取り巻く法務における問題提起と提言を交えて、目指すべき形を提言します。

登壇者

マスク・ド・アナライズ氏
イキリデータサイエンティスト

 ITスタートアップ社員としてTwitterでAIやデータサイ エンスにおける情報発信を行い、業界内で注目を集める。現場目線による辛辣かつ鋭い語り口は、「イキリデータサイエンティスト」と呼ばれて存在感を発揮した。ネットとリアルにおいてAI・ データサイエンスの啓蒙活動を行いながら、同社退職後は独立。現在は企業におけるAI導入活用の支援、人材育成、 イベント登壇、執筆活動などを手掛けている。

 著書「これからのデータサイエンスビジネス」は好評発売中。

梶 大樹氏
株式会社エクサウィザーズ/法務部知財担当(弁理士)

 国内大手特許事務所で特許を中心とした知財業務に従事。2018年、特許事務所からメルペイに知財担当として出向し、知財部門の立ち上げに関わる。2019年より現職。

イベント概要

『AIスタートアップを取り巻く知財・法務課題勉強会』

日時:2020年10月2日(金)
配信受付:16時50分 開演:17時00分 終了予定:18時00分

視聴方法:
①セミナー当日はPeatixにログイン
②イベントのお申し込み後にアクセスできる「イベント視聴ページ」上の「イベントに参加」をクリック

入場料:無料
主催:特許庁
協力:ASCII STARTUP

登壇者:
・マスク・ド・アナライズ氏(イキリデータサイエンティスト)
・梶 大樹氏(株式会社エクサウィザーズ/法務部知財担当(弁理士))

プログラム:
・講演
・質疑応答
※プログラム内容は予定です。都合により変更となる場合があります。

※参加は、IP BASEでの会員限定となります。申込の前に登録を必ずお願いいたします。

申込方法

チケットページ閲覧、申込にはIP BASEへの登録が必要になります。

ーーーーーーーーーーーーー
1. IP BASEにアクセス
2. 「メンバー限定コンテンツ」にログイン
3. ログイン後、画面下部にある参加したいイベントバナー下のパスワードをコピーし、バナーをクリック
4. Peatixに遷移後、コピーしたパスワードを入力
5. Peatixよりチケットお申込み
ーーーーーーーーーーーーー

★★特許庁では今後も多数の勉強会やイベントを予定しております。
詳しくはIP BASEイベントカレンダーをご覧ください★★