ニュース
2020年のスタートアップ×知財のベストプレイヤーを表彰する「第2回IP BASE AWARD」エントリー募集開始!

 スタートアップに不可欠な知財戦略に関する基礎知識や支援施策、イベントなどの最新情報を集約した知財コミュニティポータルサイト “IP BASE” を運営する特許庁が贈る、知財戦略において優れたスタートアップ、知財支援の専門家、およびエコシステムのベストプレイヤーを表彰する年1回のアワード企画が「IP BASE AWARD」です。

 スタートアップ部門、知財専門家部門、エコシステム部門の各部門で、知財全般に関する取組において、意欲・先進性・注目度などの観点からめざましい取組をした個人・組織を表彰します。

 今回、ベンチャー・スタートアップ企業における知財全般に関する取り組みにおいて、意欲・先進性・注目度などの観点から、めざましい取組をした個人・組織を、募集いたします。

○賞
 専門家、スタートアップ、エコシステムの3枠にて、それぞれグランプリ(1枠)・奨励賞(複数) ※それぞれ、個人・団体含む

○副賞
トロフィー授与
授賞式のプレス取材
独占インタビュー記事を公開して配信(IP BASE掲出ほか、ASCIIにて掲出)
自社からのリリース発信ほかPRとして積極的に利用可能(ロゴ提供可)

〇審査員
弁護士法人内田・鮫島法律事務所 代表パートナー弁護士・弁理士 鮫島 正洋氏
news_1.jpg
 東京工業大学金属工学科卒業。藤倉電線㈱(現 ㈱フジクラ)にてエンジニア(電線材料の開発)、92年弁理士登録後、日本アイ・ビー・エム㈱にて知的財産業務を経て99年弁護士登録。2004年内田・鮫島法律事務所を設立、現在に至る。
 弁護士業に留まることなく、知財戦略、知財マネジメント、知財政策など多方面にかかる貢献に対して2012年知財功労賞受賞。オープンイノベーションに関連する複数の政府委員歴任、政策動向にも詳しい。
 著書;「技術法務のススメ」(日本加除出版2014)〔共著〕、「知財戦略のススメ コモディティ化する時代に競争優位を築く」(日経BP2016)〔共著〕など。
「下町ロケット」に登場する神谷弁護士のモデル。


IPTech特許業務法人 代表弁理士・公認会計士 安高 史朗氏
安高 史朗様_プロフィール写真.jpg
 東京大学理学部物理学科卒業後、特許庁審査第一部に入庁。その後、野村総合研究所入社、NRIサイバーパテントへ出向、ヤフー株式会社で知財戦略の策定などに従事し、2016年安高特許会計事務所を開業、2018年IPTech特許業務法人へ法人化。多くのスタートアップの知財戦略に貢献。
 日本弁理士会関東支部 中小企業・ベンチャー支援委員会「ベンチャー支援部会」部会長など。


グローバル・ブレイン株式会社 代表取締役社長 百合本 安彦氏
百合本 安彦様_プロフィール写真.png
 富士銀行(みずほ銀行)、シティバンク・シティバンク・エヌ・エイ企画担当バイスプレジデントを経てグローバル・ブレイン株式会社を設立し、代表取締役社長に就任、現在に至る。
自ら起業し、ネットバブル、リーマンショックを乗り越え、日本を代表するVCに育ててきた経営者としての経験を活かし、
スタートアップ企業経営者の良きアドバイザーになっている。


SBIインベストメント 執行役員 CVC事業部長 加藤 由紀子氏
加藤由紀子様_プロフィール写真.png
SBIインベストメント(株)にて18年にわたるベンチャーキャピタリスト経験を有する。
アイエヌジー証券会社投資銀行本部にてコーポレートファイナンス業務に従事後、2002年、SBIグループのバイオ・ヘルスケア専門VCバイオビジョンキャピタルの立ち上げに参画。2005年にSBIインベストメント(株)に転籍後、投資部門にて国内外のベンチャー投資育成、経営支援等に携わる。
2016年4月より、事業会社と共同で運営するコーポレート・ベンチャーキャピタルファンドの運用、オープンイノベーション支援に従事。
2015年日本版MIDAS LIST第1位。令和2年度 文部科学省 科学技術学術審議会専門委員。


【推薦受付】(締め切り:2020年12月18日)
https://form.run/@ipbaseaward2-Reco

【各部門エントリーフォーム】(締め切り:2021年1月31日)

知財専門家部門
応募条件:スタートアップ支援に意欲的に取り組んでおり、その支援によりスタートアップの知財戦略構築に貢献している知財専門家または団体。
https://form.run/@startup-info-1602816122

スタートアップ部門
応募条件:戦略的な知財権の取得、活用などを積極的に実施している、未上場かつ創業8年以内のスタートアップ。
https://form.run/@startup-info-1602816169

エコシステム部門
応募条件:スタートアップに対し知財を積極的に活用した評価や支援、啓蒙活動を行うなど、国内スタートアップエコシステムにおける知財意識の向上に貢献している個人(投資家、アクセラレーター、支援家など)、コミュニティ・団体。
https://form.run/@startup-info-1602816174

※上記登録フォームからの送付が難しい場合、IP BASEのニュースリリースページにてエクセルもご用意しております。ダウンロードのうえ、必要事項をご記入の上、募集期間内に下記アドレスまでメールにてご提出ください。
ダウンロードはこちら
  提出先:IP BASE事務局
     ipbase-award@lab-kadokawa.com



〇スケジュール
1.アワード候補を募集(締め切り:2021年1月31日)
※平行して、2020年12月18日まで推薦(他薦)受付実施
2.IP BASEによる選考会で各部門を決定(2月上旬開催)
3.2021年3月19日開催のフォーラムにて発表

参考:昨年度「IP BASE AWARD」グランプリ
【知財専門家部門】 大谷寛 氏 六本木通り特許事務所
【スタートアップ部門】  株式会社エクサウィザーズ
【エコシステム部門】 マスターマインドビジネスコミュニティ



○発表概要
 2021年3月19日(金)開催予定の「JAPAN INNOVATION DAY 2021」の同時開催イベント、「IPナレッジカンファレンス for Startup 2021」(仮称)にて表彰いたします。

日程:2021年3月19日(金)
場所:赤坂インターシティコンファレンス