ニュース

【8/30】「医療アントレプレナー育成プログラム・Research Studio powered by SPARKから考えるライフサイエンス系研究開発型スタートアップの課題の乗り越え方」を開催します!

image002 (3).jpg

 特許庁は8月30日(月)、ASCII STARTUPの協力のもと「医療アントレプレナー育成プログラム・Research Studio powered by SPARKから考えるライフサイエンス系研究開発型スタートアップの課題の乗り越え方」をオンライン開催します。

こんな方にオススメ!

・ビジネスのコアとしての知財戦略に興味のある方
・アカデミアからの研究成果の事業化を検討している方

セミナー概要

 研究成果の事業化を支援する医療系スタートアップアクセラレーションプログラム「Research Studio powered by SPARK」(第2回「IP BASE AWARD」エコシステム部門 奨励賞を受賞)。海外機関と連携し、医療分野での事業化支援、人材育成に取り組んで4年目となる同取組。その成果から見えてきた課題を元に、ビジネスのコアとしての知財戦略と、それをアカデミアからの研究成果の事業化へと最大限活用する方策を探ります。本プロジェクトを担当する筑波大学つくば臨床医学研究開発機構 TR推進・教育センター長 小栁 智義氏と、同プロジェクトを専門家として支援する大野総合法律事務所 パートナーの弁理士・博士(医学)森田裕氏によるディスカッションを実施します。

登壇者

image004 (1).jpg

小栁 智義氏
筑波大学つくば臨床医学研究開発機構 教授 博士(理学)

 より健康で豊かな社会の実現を目指し、大学発ベンチャーを通じたライフサイエンス分野の基礎技術の実用化、商業化に取り組んでいる。スタンフォード大学医学部での博士研究員時代にベンチャー起業を通じた研究成果の事業化に接し、バイオビジネスでのキャリアを選択。帰国後は多国籍企業での営業/マーケティング、創薬、再生医療ベンチャーでの事業開発職を歴任。京都大学医学領域の産学連携業務に従事し、複数のスタートアップ企業組成に関わった後、2018年より現職。現在は医療イノベーションエコシステム構築のために大学を中心としたつくば地域、そして日本発のベンチャー育成に携わっている。京都大学病院クリニカルバイオリソースセンター研究員を兼務。経済産業省プログラム「始動Next Innovator」第1期生。大阪大学大学院卒。

image005.jpg

森田 裕氏
大野総合法律事務所 パートナー 弁理士 博士(医学)

 大野総合法律事務所にて知財訴訟および権利化に携わる。東京大学および筑波大学の橋渡し拠点の知財顧問を務めると共に日本発イノベーションの創出支援のためアカデミアやスタートアップの支援に力を入れている。平成28年及び30年には日本弁理士会バイオ・ライフサイエンス委員会委員長を務めた。研究開発や知財戦略立案に関する打ち合わせは年間300件に及ぶ。外国の特許出願の分析から様々な出願戦略を読み解き、アカデミアやスタートアップ向けの出願戦略として広めている。有益な戦略の一部について、日経バイオテクオンライン「森田弁理士の特許“攻防”戦略」で広めている。

イベント概要

「医療アントレプレナー育成プログラム・Research Studio powered by SPARKから考えるライフサイエンス系研究開発型スタートアップの課題の乗り越え方」
日時:2021年8月30日(月)
配信:16時~17時30分
場所:オンラインでの開催
参加料:無料
タイムスケジュール:
16:00~17:00:トークセッション
17:00~17:30:質疑応答
※プログラム内容は予定です。都合により変更となる場合があります。

申込方法

 チケットページ閲覧、申込にはIP BASEへの登録が必要になります。

 ーーーーーーーーーーーーー
 1. IP BASEにアクセス
 2. 「メンバー限定コンテンツ」にログイン
 3. ログイン後、画面下部にある参加したいイベントバナーをクリック
 4. リンク先のフォームよりお申込み
 ーーーーーーーーーーーーー

 ※参加の可否については後日事務局よりメールをお送りいたします。  ★★特許庁では今後も多数の勉強会やイベントを予定しております。  詳しくはIP BASEイベントカレンダーをご覧ください★★