ニュース

「スタートアップにとっての副業知財人材活用の可能性(特許庁調査研究の報告)」

01.jpg

 特許庁は11月16日(火)、ASCII STARTUPの協力のもと「スタートアップにとっての副業知財人材活用の可能性(特許庁調査研究の報告)」をオンライン開催します。

こんな方にオススメ!!

・副業・兼業をしている方、興味のある方
・スタートアップ企業関係者

セミナー概要

 特許庁が昨年度実施した「知財人材の流動化に関する調査研究」の結果を、以下の点などを中心にご紹介いたします。

・知財人材による副業の実態
・副業を実施する際の課題や懸念、それらに対して副業知財人材が実践している工夫
・副業人材を受け入れている企業が実施している工夫
・スタートアップにとっての副業知財人材活用のメリット

※本勉強会を踏まえた第二回も2022年1月頃に実施を予定しております。

登壇者

image1.jpg

八木 敬太
特許庁 総務部 企画調査課 課長補佐

特許庁にて、産学連携・知財人材育成に関する施策の企画・運営を担当。
これまでに、宇宙産業の支援に関する施策や、特許審査の品質管理に関する施策、工作機械・医療機器・食品機械等の特許審査などを経験。

イベント概要

「スタートアップにとっての副業知財人材活用の可能性(特許庁調査研究の報告)」 日時:2021年11月16日(火)
配信:17時00分~18時00分
場所:オンラインでの開催
参加料:無料

内容:
1.「知財人材の流動化に関する調査研究」の結果の紹介
2.質疑応答
※プログラム内容は予定です。都合により変更となる場合があります。

申込方法
チケットページ閲覧、申込にはIP BASEへの登録が必要になります。
ーーーーーーーーーーーーー
1. IP BASEにアクセス
2. 「メンバー限定コンテンツ」にログイン
3. ログイン後、画面下部にある参加したいイベントバナーをクリック
4. リンク先のフォームよりお申込み
ーーーーーーーーーーーーー

★★特許庁では今後も多数の勉強会やイベントを予定しております。

詳しくはIP BASEイベントカレンダーをご覧ください★★