特別企画
スタートアップのための知財キーワード解説

第8回●「新規性」とは?

【シンプルに表すと?】

特許になるための要件の一つ。発明が公開されておらず、新しいものであること。出願前に公開されると新規性があると認められない。ただし、本人が公開した場合に限り、公開後1年以内であれば、新規性喪失の例外が認められることもある。

スタートアップの特許出願では、新規性が問題になるケースもよくあると聞きます。

IP BASE:特許になるための要件の一つに新規性、つまり新しいものであることが求められます。出願する前に公開されていないことが重要なのですが、スタートアップが弁理士事務所に駆け込むのは、たいてい論文や展示会で公開したり、プレスリリースを出したりした後なんですよね。

展示会で発表するのもNGでしょうか?

IP BASE:はい、NGです。展示会に限らずどのような形であっても、特許出願する前に公開すると、新規性がなくなってしまいます。

1回でもうっかり公開してしまったら特許は取れないのでしょうか?

IP BASE:基本的にはそうですね。ただし、「新規性喪失の例外」というのがあります。これは、特許の出願より先に公開してしまった場合の救済措置で、ざっくり言うと、出願人本人が公開した場合には、公開されてから1年以内に出願すれば、なかったことにしてあげます、というものです。

救済してもらえる可能性はある、と。

IP BASE:ただし、あくまで例外的な措置なので、必ずしもうまくいくとは限りません。基本は、出願してから公開するように、くれぐれも気を付けていただきたいです。