Event~生の声を聞く~

スタートアップや知財専門家向けの各種イベントの案内やそのレポートを掲載します。

イベントレポート

「RINK FESTIVAL 2021」にて、「特許をお金に換える組み方 バイオスタートアップが実践すべきアライアンス戦略」セッションを実施しました!

 特許庁は2021年2月19日、かながわ再生・細胞医療産業化ネットワーク(RINK) と神奈川県主催の「RINK FESTIVAL 2021」にて、「特許をお金に換える組み方 バイオスタートアップが実践すべきアライアンス戦略」セッションを実施しました。 image1.png

 登壇したのは、経済産業省 特許庁 特許庁企画調査課課長補佐(ベンチャー支援班長)の鎌田 哲生氏、iMU株式会社 取締役COO 法律事務所ZeLo 弁護士の﨑地 康文氏、メディップコンサルティング合同会社 代表社員 弁理士/グランドグリーン株式会社 取締役CLの大門 良仁氏。またモデレーターとして、角川アスキー総合研究所/ASCII STARTUPの北島 幹雄が参加しました。

 イベント冒頭では、鎌田氏が特許庁の実施しているスターアップ支援施策について解説。知財アクセラレーションプログラム「IPAS」や、オープンイノベーション推進のためのモデル契約書[ver1.0]などを紹介しました。

 後半のディスカッションでは、知財専門家である﨑地氏と大門氏が参加。バイオ系スタートアップが成功するアライアンスを達成するための、大手企業との交渉の方法、価値のある特許の取得の仕方、専門家との協業のコツなどについて意見を交えました。

image2.png