ニュース

ベンチャーキャピタル担当者のための知財の勉強会【実践編】投資家がおさえておきたい知的財産デューデリジェンスの全体像と必要性

image2.png

特許庁は2月2日(木)、ASCII STARTUPの協力のもと、ベンチャーキャピタル担当者のための知財の勉強会【実践編】「投資家がおさえておきたい知的財産デューデリジェンスの全体像と必要性」をオンライン開催します。

こんな方にオススメ!!

・知財の役割と基礎知識に関心のある投資家、スタートアップ、またスタートアップ支援者の皆様

セミナー概要

投資を行う際に、投資先の価値やリスクなどを調査するデューデリジェンス(DD)。法務面から契約や将来的なリスクなどを監査する「法務デューデリジェンス」はメジャーですが、知的財産の面から監査する、いわゆる「知的財産デューデリジェンス」はつい後回しにしてしまうことも少なくないかもしれません。

しかし、知的財産デューデリジェンスを行っていない企業において、投資を行ったあとに知的財産に関するリスクが明るみになり、対応に追われるケースも散見されています。そのような事態を未然に防ぐために、スタートアップに投資するベンチャーキャピタルの方々には、投資前にあらかじめスタートアップのビジネスをサポートするための知的財産面のリスクや課題を把握したうえで、投資後にスタートアップと共にそのリスクや課題に適切に対処していくことが求められています。フェーズの早い段階からスタートアップに知的財産面の検討を行ってもらうことは、安心して投資・ビジネスサポートを行ううえで欠かせません。

本セミナーでは、投資先のスタートアップが早い段階から知的財産面に対応していただけるように、ベンチャーキャピタルの方々に知的財産デューデリジェンスの全体像や必要性を解説します。知的財産デューデリジェンスを行ううえでの課題の洗い出し、検討すべき戦略などを、DDレポートを用いた実務に近いかたちでご説明します。

登壇者

image1.jpg

青木 孝博
法律事務所ZeLo・外国法共同事業 弁理士
岡山大学大学院自然科学研究科生物資源科学専攻(農学修士) 修了。2006年弁理士試験合格後、メーカー知財部及び大手法律事務所を経て、2020年法律事務所ZeLo参画。知財紛争や出願に加えて、スタートアップ等を対象会社とした知的財産デューデリジェンス案件を多数担当。さらにその経験を踏まえた知財戦略に関するアドバイスを多数のスタートアップに対して提供。

イベント概要

ベンチャーキャピタル担当者のための知財の勉強会【実践編】
「投資家がおさえておきたい知的財産デューデリジェンスの全体像と必要性」
日時:2023年2月2日(木)
配信:16時30分~18時00分
場所:オンラインでの開催
参加料:無料
内容:
1.登壇者によるセミナー
2.質疑応答
※プログラム内容は予定です。都合により変更となる場合があります。

申込方法

チケットページ閲覧、申込にはIP BASEへの登録が必要になります。
ーーーーーーーーーーーーー
1. IP BASEにアクセス
2. 「メンバー限定コンテンツ」にログイン
3. ログイン後、画面下部にある参加したいイベントバナーをクリック
4. リンク先のフォームよりお申込み
ーーーーーーーーーーーーー
★★特許庁では今後も多数の勉強会やイベントを予定しております。
詳しくはIP BASEイベントカレンダーをご覧ください★★